深島について

ようこそ深島へ

fukei
umineko
yuhi

深島は島民約20名(ネコは約80匹)周囲約4キロの小さな離島です。
九州本土から比較的近くに位置していながらも豊かな自然が広がり、島全域が国定公園に指定されています。

シュノーケリング・フィッシング・生き物の観察・ネコとのふれあい・そこには様々な楽しみが待っています!
非日常を感じることのできる場所です。

ぜひ遊びに来て下さい。

深島の基本情報

■概要

  • 住民/約18名
  • 面積/1.1㎡
  • 海岸線長/4km

 

深島みそ島唯一の特産品。

昔ながらの「かまど」を使った製法で

すべて手作業で作っています。

白い麦みそ。

優しい甘さで魚介によく合い、

生きた麹が元気をくれます。

深島みそ 詳しくはコチラ

 

豊かな自然

全域が日豊海岸国定公園に指定されており、カラスバト、ムラサキオカヤドカリといった国指定の天然記念物も生息しています。また、アオノクマタケランなどの珍しい植物も群生しています。

磯釣りのポイントとして有名で、クロ(グレ、メジナ)や青物、イサキなどが釣れ、一年を通して釣りを楽しめます。
深島の港からもクロやアカハタ、ホゴなどが釣れます。

透明度の高い海ではサンゴ礁や熱帯魚が見られ、ダイビングスポットとしても有名です。シュノーケリングやカヤックでも間近にサンゴ鑑賞ができます。

シュノーケリングできれいな熱帯魚やサンゴを見ることができる

 

「猫の島」とも呼ばれ、約100匹の猫たちが住んでいます。

ねこたちは島の人がキャットフードや魚をあげています。

ほとんどの猫に名前がついており、かわいがられています。

 

チャコ。 島では珍しいシャム猫系。

 

エコツーリズムへの取り組み

gomi
sango
sea
近年、海水の上昇などにより生き物たちの生態系に変化が見られています。

そんな中、私たちディープマリンスタッフ一同は、次の世代にこの素晴らしい豊かな自然を残すためにエコツーリズムを主体としてサンゴの保護・海岸の清掃・海中の清掃などの取り組みを行なっています。

深島に遊びに来るみなさまもぜひ、ゴミの持ち帰りなど一人ひとりができるエコツーリズムにご協力ください。

*ゴミは必ずお持ち帰り下さい!

深島からのお願い